スポンサー広告

管理人
1人暮らしのオナニー三昧男子で制服JKを
オカズにしてる人は出てきてくださ~い

今回のお話は、一人暮らしでオナニーばかりしている男子の元へ現れた制服JKのお話をご紹介していきます。

それでは、いってみましょう。

制服JKがダッチワイフとしてイマラで感じまくり!!

作品名:イラマックス
作家:ぽんこっちゃん
メーカ:ヒット出版社

それでは、あらすじです。

あらすじ

制服JKが幽霊なのか、夢なのか、はたまたダッチワイフのお化けなのかは分からない。だた、可愛いくチンポを欲しがっている事には間違いなかった。信じがたい出来事が起き、なんとか現状を受け止めつつ、制服JKでオナニーの続きをするオナニー男子。

オナニー男子は思った。あまりにも生々しい制服JKに抵抗があった。彼女は男子の抵抗をなくすために、「ダッチワイフ」として扱ってもらう提案をしてきた。

さっそく、彼女は壁にぺたんと座り込み、大きく口を開けチンポの挿入を待った。まるで「ダッチワイフ」のように。大きく開いた穴にオナニー男子はビンビンなチンポを"ずぶずぶ"を沈めていった。"ずぼずぼ"やるうちにダッチワイフの口から唾液ローションがダラダラと流れ始めた。そう、彼女はイマラをされて、感じていた。

次は、喉奥を真っすぐにするように彼女は布団に寝転んだ。オナニー男子はキツキツな喉マンコの快感に浸りつつ、男突きを繰り返した。男突きが激しくなるにつれ、彼女の両脚も拡がり、トロトロなオマンコが露わになった。たっぷりと彼女のキツキツな喉マンコを楽しんだオナニー男子。

次は、彼女のトロトロなオマンコをたっぷりと味わおうってお話です。

この商品が気に入った方へ

スポンサー広告