スポンサー広告

管理人
ども、管理人です。
今回は、”プライド高めの変態人妻の雌穴に息子チンポ”です。


これは、興奮するシチュエーション。ポイントは次の通り。

  • プライド高めの人妻がメス豚に堕ちてくギャップ
  • メス豚に調教された変態人妻に息子チンポで犯される

それでは、いってみましょう!!

プライド高めの人妻をメス豚へ調教した挙句息子チンポで犯される

作品名:女地獄、肉の壺〜変態類淫乱科メス豚一代記〜
作家:骨太男爵
メーカ:クロエ出版

あらすじ

長期単身赴任で旦那不在の一人息子を育てる人妻。一人息子の中学受験を母子で頑張る為に日本で頑張ってるよくある家族構成。

母子は集合住宅に住居していた。ある朝いつもの様に、奥さんは息子を学校へ送り出した後、集合住宅の上の階の大学生が訪ねてきた。用件は、一人息子のテスト(90点)が外に捨てられていて届けてくれた。

さっそく、奥さんは学校から帰ってきた息子にお説教。「90点なんてこんな悪い点人様に見られて恥ずかしいわよ」って。で、すぐに奥さんは息子をいつもの熟へ送り出した。

次の瞬間、部屋の奥から出てきた大学生。そう、朝訪ねてきた時から既に奥さんと7発ハメ倒していた。そして、8発目。

既に奥さんは、大学生のチンポの快楽に負けメス豚に堕ちていた。で、ここから本格的なメス豚へ調教が始まった。毎朝、母親は息子を送り出した後、上の階の大学生の部屋へ出向き調教する日々が続いた。例えば、結婚指輪を人妻のクリトリスにはめ込み、剥きだしたクリトリスに電気ショックで快楽地獄♥しかも、拘束され身動きできない人妻。

そんな調教される日々が毎日続いたある日、公衆便所での調教の日。大学生は一人の男を連れていた。目隠し状態で調教されていた人妻は、気付く事はなかった。そして、もう一人の男のチンポを人妻の愛液たっぷりな穴に挿入。

そう、それは人妻の大切な一人息子のチンポだった。

次は、公園で寝ている風呂も入っていないホームレスを息子同伴で母親がオームレスのチンポ奴隷に♥っと調教はエスカレートしていった。最後は、さらに調教がエスカレートしていった。

という事で、あらすじはここまで。最後まで変態人妻が調教されるシチュエーションをお楽しみください。

 

 

この商品が気に入った方へ

この作品や作者が気に入ったら、是非、商品を購入してみて下さい。

商品を見にいく

スポンサー広告