スポンサー広告

Contents

作品名:二次元コミックマガジン 刑務所で喘ぐ女たち Vol.2
作家:AKANAGI
メーカ:キルタイムコミュニケーション

鉄格子が並ぶ空間に響き渡る女たちの嬌声。女囚、あるいは女看守。立場は違えど、淫熱を発散する身体と、蕩けきった容貌は、彼女らが快楽の囚人であることを物語っている!
『獄中のJK』by AKANAGI
JK専門の売春組織を運営した、管理買春の罪で囚われたヒロイン。自らも女子校生である彼女は、獄中でも反省した様子を見せない。だが、反抗的な態度が災いしてか、悪徳看守に目をつけられてしまう。独居房で目が覚めた彼女に迫る、嫌らしくニヤついた看守の魔の手!
若く弾力ある乳房を乱暴に揉まれ、乳首をしゃぶられる。強い嫌悪感とは裏腹に、媚薬入りの睡眠薬を盛られた身体は女の悦びを露わにし、さらなる陵辱を受け入れる準備を整えていた。
女蜜を溢れさせるワレメを、いきり立った肉棒が貫いた瞬間、涙ぐむ少女の嬌声が、二人以外に誰もいない牢獄に木霊する。

 

 

 

この商品が気に入った方へ

この作品や作者が気に入ったら、是非、商品を購入してみて下さい。

http://book.dmm.co.jp/detail/b073bktcm00504/hujindoujin-002

商品を見にいく

スポンサー広告