スポンサー広告

Contents

作品名:母が白衣を脱ぐとき 1~第2話~
作家:横山ミチル
メーカ:GOT

ど~も。風神同人(@huzindouzin)の管理人です。

実は、この「母が白衣を脱ぐとき」シリーズ好きです。(突然の管理人からの告白www)少しこのシリーズの作品が溜まっているのでちょくちょくご紹介していきます。って事で、いってみましょう!!

作品は、看護婦をしている私(母)の病院に2年前に赴任してきた整形外科医長の南雲先生。母より年上でバツイチだったが、若い看護婦には人気がある先生だ。でもどこか危険でイヤな臭いを感じていて、その勘があたり、ついに彼は本性を現した。大切な息子の陽平の安全を条件に誘って来たのだ。仕方なく、南雲先生の誘いを受ける事になった。私は、既に9年前に離婚していて、そこ間に男女の関係になった事もなかったので、南雲先生とは実に9年ぶりのセックスとだった。南雲先生は「9年ぶりに女の快感を思い出させてやろう」とセックスが始まった。私は、脅されて無理矢理させられているにも関わらず多いとは裏腹に身体の方は、子宮が熱く疼き、まるで子宮がチンポを求めているようだった。そして、南雲先生の巨根がオマンコに入ってきた。私は、巨根に子宮にノックするように突かれ続け、女の快感を味わい続けた。。。ってお話です。それでは、最後までお楽しみください。

スポンサー広告